HOME > 森造園ブログ

駐車場も庭の一部です!

最近の住宅はオープン外構として造られている事が多いです。
その中でも、特に駐車場が家の顔となる作りを良く目にします。


今回の御施主さんは、そんな駐車場を庭の一部分と考えていて、自然石を使い庭と駐車場の境を明確にするのでは無く、曖昧に庭へと繋げて行きたいとの御依頼でした。

そこで提案させて頂いた案は、長い間溜めていたアイディアで、庭と道路との傾斜を利用して、山から崩れ落ちた石が石畳に利用された山道の風景でした。

まずは、景石を選びに岐阜へ、それから現場での作業がスタートします。

石灰でラインを書き出し、駐車位置と階段の位置を決めます。

御影石で階段の縁を作ります。

その両脇は、鳥海石で石積みをします。
今回は、山の雰囲気を出す為に、崩れ積みと言う技法で積みました。

階段の踏み面を真砂土の洗い出しで仕上げました。

そして、いよいよメインの景石の据え付けです。景石は、大胆なようで繊細な技術で指一本で表情が変わります。その表情を一石ずつ見極めながら、自然に、わざとらしくならないように組んで行きます。
なので、とても神経を使う繊細な仕事の一つです。

据え付け終わったら、続く敷石です。景石の雰囲気を崩さずに、うるさくなりすぎ無いように据えました。

次に駐車場のコンクリート打ちです。
駐車場の仕上げは、コンクリートの洗い出し仕上げで、今回は全体の雰囲気から砂利の表情を多く見せています。
そして、最後に仕上げの植栽です。植栽が入ると、グッと山の雰囲気になって来ます。

石と木がある風景はなんだか落ち着きます。



そして、一番の要、下草です。
下草植栽は、雰囲気を造るのにとても重要で、下草を疎かにすると落ち着か無い雰囲気になってしまいます。

最後まで気を抜かず仕上げて行きます。

完成です。やっぱり庭工事(景色造り)は面白いです。




落葉樹に囲まれた山道が庭へと誘い、癒やされる場となります。

石は、年月が経つとより落ち着いて来るのでこれからがより楽しみです。

また一つ、今後が楽しみな作品(庭)が出来上がりました。
これから、御施主さんに取って癒やされる場として、より良くなるように見守って行きたいと思います。

小端積みの庭

新年開けましておめでとうございます。
本年も宜しく御願い致します。

昨年最後の庭工事で、古くなったブロック(外構)塀からの全面改修工事でした。
まずは、太くなりすぎた樹木の伐採からです。
次に、残したい樹木の移植とブロック塀の解体です。
そして、工事期間中の動線を確保する為、駐車場口のスロープからの施工になります。仕上げは後でになります。

以前の門扉は内開きタイプの物でしたが
今回は、スライド門扉に変更して門柱はハードウッドにしました。
そして土留め工事になります。

打ち合わせで初めて来た時に、この家は小端積みが似合うなと思い提案させて頂きました。
出入り口は、自転車で出入り出来る様に石貼りのスロープです。
既存の自然石の沓脱ぎ石は、和室前に移動
そして、園路の工事になります。
園路は真砂土の洗い出しにしました。
駐車場からのスロープも洗い出し園路と同じ素材で統一感を出して仕上げました。
移動した沓脱ぎ石から洗い出し園路までを既存の飛び石を再利用して、
洗い出し園路からポストまでを御影石の平板を据えました。
道路面と隣家の境にはウッドフェンスにして、周囲に落ち葉が飛び散らないようにします。
こちらは、犬のお墓です。場所は変えずにアンティークレンガで嵩上げをしてお花を植えられる様にしました。
駐車場からもお花を植えられる様に花壇を設置
以前の立水栓は屈んで使用するタイプでしたが、
新たな水場は、立ったまま使用出来るシンクタイプに変更して内側の下にも蛇口を付けて、上下で使用出来るようにしました。
最後に植栽で完成です。
今回は模型を作って見ました。
玄関から

道路から

スライド門扉を開けると石貼りのスロープとモミジのトンネルが出迎えてくれます。

リビングからは、犬のお墓と花壇がアクセントとなりその横には百日紅を主木としてモミジ等の雑木が庭を彩ります。

これから、このお庭が御施主さんにとってより良い環境になるように、癒やされる場になるように維持管理をして行きたいと思います。








町家住宅

昨年の7月頃にホームページから依頼がありました。

「今年度中に、町家風の住宅を建てる予定で、丸窓から見える景色を緑のある景色にしたい」との依頼で、一年超しの計画でスタートした町家住宅の庭工事です。



今回、駐車場の床掘りで出た残土を庭の植栽部分に使うため、最初に駐車場の床掘りから始まりました。

残土でマウンドを作り土留めとして、景石を並べます。石も使い方次第で庭に趣を与える重要な素材のひとつです。


外観は、町家住宅に合わせて杉板塀にしました。防犯対策として間にスリットを入れて変化を付ける事で、単調な杉板塀も面白味のある景色に変わります。

家の中からは、雰囲気を変えて杉皮塀にして野趣ある風景とします。


外観の塀が出来上がりましたが、このままでは、窓から外は丸見えで、まだ落ち着かない空間です。 デッキの横に袖垣が必要です。


袖垣があるだけで一気に景色が変わります。


これで庭となる空間が出来ました。
限られた空間での植栽は、植木畑でかなり吟味して選びます。

樹種は勿論の事、木の曲がり具合や方向性等を考慮して植栽して行きます。


玄関前には、駐輪場と駐車場を区切るために駒寄せを作りました。最初に話しを頂いた時に、格子のフェンスを付けたいとの依頼でした。そこで、提案したのが駒寄せで、町家住宅に合わせての形となりました。


立水栓は、庭と駐車場での使用を出来るように袖垣の横に設置しました。

駐車場は、コンクリートの洗い出しとして全て完成です。


家の中から見ると

丸窓からの景色は

玄関脇には杉板塀

通りから見ると
コロナ禍で家にいる時間が多くなる中、家での癒やされる場が、今まで以上にとても重要に感じます。

ウッドデッキ

ウッドデッキの遣り替え工事です。

近年デッキ材はハードウッドが主流になって来ましたが、少し前まではソフトウッドが主流でした。ソフトウッドは環境にもよりますが、毎年防腐処理をしても10年程で腐り始めてしまいます。

こちらの現場もソフトウッドで作られていて10年程で腐り始め作り替える事となりました。

材はハードウッドのイタウバ材にしました。イタウバは油分が多く表面が滑らかで、ささくれも少なく素足でも歩けるデッキ材として人気のある材です。

イタウバ材の耐久年数は、ノーメンテナンスで25年程なので、これから25年以上は持ってくれるとうれしいです。

阿弥陀垣

毎年御世話になっている御施主さん宅の竹垣工事です。

今回は、建物や施工場所の雰囲気から阿弥陀垣を提案させて頂きました。

上下の框を梢丸太にする事で、より現代の住宅にも合う竹垣になります。

丸太を刻み、寸法を合わせたら下準備は終わりです。

現場で丸太の柱と上下の梢丸太を組み、設置したら次に清水竹を編みます。

完成です。

軽やかで上品な阿弥陀垣、現代の住宅の空間にも、とても合っている竹垣です。