HOME > 庭を造る要素

 オープン外構の中で門袖壁は、唯一の立体構造物でその家の顔として最も重要になります。よって、家の外観や雰囲気に合わせて、位置や高さや幅を設計していきます。

ページトップへ

 駐車場には、「洗い出し」と言う技法を用いました。コンクリートが固まる前に水流で表面を洗い流し、中の砂利を浮き立たせることで表情を持たせ、コンクリートの無機質感を緩和しています。一定の間隔でスリット(隙間)をいれる事で、寒暖の差で伸縮するコンクリートのひび割れを防いでいます。

ページトップへ

 植栽をすることにより、景観として周りとの調和がとれ、建物をより一層引き立てる効果があります。

ページトップへ