HOME > 庭を造る要素

 瘤出しの階段から玄関までを繋ぐアプローチは、真砂土の洗い出しで仕上げました。程よい曲線を描いて、庭の中心を縫って続くこのアプローチからは、庭全体が見渡すことができます。竹林を抜けると右手に主庭のノムラモミジとスモモ、その先には白川砂利に囲まれた築地塀と赤松が続き、玄関までほんの数メートルではありますが、素敵な散歩が楽しめます。

ページトップへ

 主庭に面した、築地塀を望む和室の入口には犬走りを設けました。アプローチと同様に真砂土の洗い出しで仕上げ、沓脱石を据えた犬走りは、この庭を眺める視点となる和室の縁側と主庭とを繋ぐ重要な役割を果たしています。

ページトップへ

 犬走りの隅に設置されたエアコンの室外機は、風景の中でどうしても異物感が拭えませんでした。自然素材である竹で囲むことで機械的な印象を排除し、自然と庭の景色の中に溶け込んでくれました。

ページトップへ